Emily Banks from the U.S. Department of Education shadows teacher Lisa Jones at Watkins Elementary School in Washington D.C. as part of the Department's ED Goes Back to School events

ドイツ留学を考えてみる

ドイツへの留学ときいて、何を考えるでしょうか。留学というと、アメリカやカナダ、それに日本だとフィリピンや中国へのものが一般化していますが、実はドイツも非常に魅力的な留学先なのです。

というのも、EU圏内で最も話されている言語が英語ではなくドイツ語であるためです。EU圏内におけるドイツ語を母国語とする人口は約1億2000万人前後で、欧州においてドイツ語はメジャーな共通語のひとつです。英語は通じないが、ドイツ語は通じるという国は多々あり、欧州諸国では現在、英語教育に並んでドイツ語教育が盛んです。またドイツの大学や語学学校ではドイツ語ではなく英語で行われる授業も存在しており、ドイツで勉強することでドイツ語と同時に英語も習得することが可能なのです。
留学についてはこちらです。

この二ヶ国語さえ喋り、理解することが出来ればEU圏内での就職は決して難しいものではなく、またドイツは日本との間にワーキングホリデー協定を結んでいるうえ、転職者が多いためそのマーケットが円熟しており、一度ドイツで就労ビザを取って職業経験を積んだあと、ドイツ国内外で転職することも充分に可能でしょう。また留学費用についても非常に安く抑えることが可能です。ドイツは非常に安定した経済を誇る国であり、近年ようやく大学の授業料有償化が始まった程です。

それとても、日本の大学費用に比べれば非常に安いものです。これは語学学校においても言えることで、こういった多くのメリットがドイツを留学先に選ぶことで得られるのです。

Leave a comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *