スマホは現代人にとって欠かせないものです。色々な便利な機能が付いてますし、肌身離さず持ち歩く人がほとんどでしょう。ただ、スマホを外に持ち歩くと、落下させて画面が割れてしまったり、水に落としたり雨に濡らしたりして故障させてしまうこともあります。大切に使用したとしても、バッテリーは2~3年で寿命を迎えるので、いずれ交換修理に出すことになります。

スマホを直したいと考えた時は、スマホ修理の正規店と非正規店のどちらかに修理を依頼することになるでしょう。まずはこの2つの違いについて知ることが、自分に合った修理方法を見つける手がかりになるはずです。正規店とは、スマホを製造した企業が運営している店舗や、その企業と繋がりがあるメーカー、店舗のことを言います。非正規店と違い、正規店では保証・保険サービスを提供しています。

そのため、保証・保険が効いている間は無償で直してしてもらうことができるでしょう。また、正規店は修理の質が高いのも特徴です。スマホを作っている企業から、公式の修理マニュアルを提供されているはずですし、純正品の部品を仕入れて修理をおこなっています。アフターサービスも充実していますし、最も安心感が高いお店と言えるかもしれません。

一方、正規店ではデータ消去が必須なので、バックアップが必要になります。そして、修理には時間がかかる傾向があるので、すぐにスマホを使いたい人にとっては少々辛い思いをすることになるでしょう。クオリティの高いサービスを実施しているので、保証期間外に出すと費用がかかりやすいというデメリットもあります。非正規店とは、正規店以外の修理店のことです。

この非正規店はそれぞれが独自に店舗を運営しているため、修理の技術に差があるのが特徴です。ただ、直すための時間が短時間だったり、データを初期化しないで修理できたりというメリットもあります。横浜市内やその周辺エリアには、多くのスマホ修理店があります。まずは、正規店か、非正規店か確認してから依頼するようにしてみましょう。

スマホ修理を横浜の非正規店でおこなう時は、実店舗があるかまず確認を。出張店舗の場合、後日不具合が起きた時、連絡が取れなくなってしまうことがあります。横浜で修理店を探す時は、他には高い技術力があるか見極めることが大切です。実績が豊富であり、細かい部品の修理に対応しているお店は、豊富な技術や知識を持っている可能性が高いです。

逆に簡単な修理メニューしかない場合、経験が浅い可能性があるので、注意しましょう。