近年は防水機能が搭載されているスマートフォンが当たり前になってきたこともあり、お風呂にスマートフォンを持ち込んで動画視聴をしたり音楽を聞くなど、リラックスタイムのツールとして利用している方が増えてきています。スマートフォンはお風呂の時でも手放さないという方が多い反面、防水機能に安心してお湯の中に落として水没させてしまったり、水没後は特に問題なく利用できていたけれど、時間と共にだんだん反応が悪くなったり不具合が発生するようになったという声は多いです。iPhoneは元々防水機能が搭載されていない特徴を持っていたので、お風呂や海、プールなどに持っていく際には防水ケースなどスマートフォンを密閉して持ち歩ける専用ケースに入れる必要がありました。iPhone7以降は防水機能が搭載されましたが、機種によって耐水機能の度合いは全く異なりIP67等級とIP68等級に分かれておりIP6の後に続くのが体制機能を示すので、7より8の方が優れている特徴を持っています。

この2つの耐水性能に共通しているのが、30分間水中にある状態でも耐えることが出来るというものなので、長時間お風呂に入る人や海やプールで長時間遊ぶという方は、耐水機能の度合いをきちんと理解して適切に利用する必要があります。しかし耐水機能があってもそれでも水没故障してしまう場合は多く、IP試験の内容や機能自体が劣化といったこの2つのが大きく関係しており、そもそもiPhoneの耐水機能はお風呂で利用した場合の保証をしていないので、お風呂は水蒸気や湯気といった問題もあるのでスマートフォンを使用する環境ではありません。そこでもし水没させてしまい、反応が悪くなったり電源が入らなくなるといった状態になったら、早めに横浜のスマホ修理業者に相談をするようにしましょう。水没故障の多くは内部に水分が入り込み、一時的に機能が問題なく使えていても水分が残った状態で放置すれば、基盤の部品が水分で錆びてしまうので不具合の原因になります。

横浜のスマホ修理業者は内部の基盤の状態を確認した上で、故障している場所があれば基盤交換や部品交換を行って、不具合が改善して元の問題ない状態に戻ったか確認した上で返却してくれます。不具合の状態によっては完全に修理が行えない場合も出てきますが、そういったお客様に対してはiPhoneに保存されているデータ復旧を行うなどデータを保護する対応を行うことも可能です。まずは状態を確認してもらうためにも、横浜のスマホ修理業者に見てもらい修理が可能か確認して対処してもらうようにしましょう。